新東京物産株式会社 > blog > macro

File 29

Yashikor 5cmF2.8
Lマウントレンズのお作法

ライカL、もしくはL39と呼ばれるマウントは、39ミリ径のスクリュー式マウントだ。元々はバルナックライカのマウントだが、構造がシンプルなため、世界各国のメーカーがこぞって採用した。こうした非ライカ製のLマウントレンズはノ […]


File 27

Trioplan 100mmF2.8
中望遠で極限マクロに挑む

本連載ではKIPON製マクロアダプターを幾度か紹介してきた。今回もそのマクロアダプターは取り上げるのだが、あえてマニアックなセッティング方法を紹介したい。単に寄るだけでなく、できるかぎり接写するためにセッティングテクニッ […]


File 20

Varisoft Rokkor 85mmF2.8
ソフトフォーカスとマクロアダプターは好相性

バリソフトロッコール85ミリF2.8は、その名からもわかるようにソフトフォーカスレンズだ。ソフトフォーカスは収差を利用し、像をやわらかく滲ませる。オールドレンズファンであれば、ベス単フード外しやタンバールなどでおなじみだ […]


File 18

Planar T* 85mmF1.4
マクロアダプターの使いこなしテクニック

KIPONのC/Y-S/E Mには、正面にチューリップのマークがある。写真、カメラをやっている人なら、これがマクロモードを意味することはすぐに推察できるだろう。本製品はヘリコイドを組み込んだマクロアダプターだ。KIPON […]


File 17

Summarit-M 50mm F2.5
寄れるから焦点距離2倍も怖くない

フルサイズミラーレスのα7が登場してからというもの、マイクロフォーサーズ機はオールドレンズのベースボディとして不利と言わざるを得ない。マイクロフォーサーズはレンズの焦点距離が2倍になるため、例えば50ミリレンズでも35ミ […]





ページトップへ