新東京物産株式会社 > blog > Carl Zeiss

File 35

CONTAX645-EF AF
コンタックス645の銘玉が甦る

コンタックス645というカメラをご存知だろうか。1999年に登場したAF中判カメラで、レンズはカールツァイス製がそろっていた。フラッグシップ的なカメラシステムゆえに、当時のレンズを手放さずにいるカメラユーザーも少なくない […]


File 18

Planar T* 85mmF1.4
マクロアダプターの使いこなしテクニック

KIPONのC/Y-S/E Mには、正面にチューリップのマークがある。写真、カメラをやっている人なら、これがマクロモードを意味することはすぐに推察できるだろう。本製品はヘリコイドを組み込んだマクロアダプターだ。KIPON […]


File 13

Biogon T* 28mmF2.8
コンタックスGという試金石

KIPONのコンタックスGマウントアダプターが新しくなった。フォーカスリングのローレットが従来よりも細かくなり、操作感が向上している。指先が滑ることなく、しっかりと回せるのが新型コンタックスGマウントアダプターのアドバン […]


File 09

Ultron 50mm F1.8
ボケに酔うなら凹みウルトロン

ボケのきれいなオールドレンズと言えば、アルパのマクロスイター50ミリF1.8が有名だ。では、ボケの大きなレンズと問われたら、あなたは何を思い浮かべるだろう。おそらく大口径レンズをいくつかリストアップしたにちがいない。とこ […]


File 04

Carl Zeiss Planar 50mm F2
コンタレックスのプラナーで濃厚なツァイスを知る

カールツァイス、それは高描写の代名詞とも言えるレンズブランドだ。ヤシカ/コンタックス、コンタックスG、ローライQBMなど、様々なマウントでツァイスレンズは提供されてきた。しかし、ツァイスの名が付けばすべて同じ描写というわ […]





ページトップへ